ギタカメとおんがく

音楽と写真の楽しさを置くサイト

Autumn Leaves(枯葉)おすすめカバー集10選~ジャズスタンダード

スタンダード曲とは定番曲で誰もが知っている曲であり、セッションで演奏されたりする曲です。

ジャズスタンダード曲に、元はシャンソンの曲で「Autumn Leaves」という曲があります。スタンダードだけあって様々なアーティストにカバーされているのですが、こうきたか~!なアレンジから秋をかんじるわ~、なアレンジまで様々です。一曲だけでこんなに雰囲気が変わるのか~を味わって頂くために、聞きやすく好みなアレンジを紹介。

 

f:id:jarannu:Autumn Leaves

 

 初代

Yves Montand

初出は劇団の伴奏、そして映画用に変化し初めて歌曲として歌われたのがこちらのバージョン(たぶん!)

www.youtube.com

フランスの歌詞だったんですね。このメロディはもはや公用語

ピアノカバー

Bill Evans 

www.youtube.com

いかにもなジャズを求めている方におすすめ

ビル師匠。同姓同名のサックス奏者がいますが、別人です。私の中で「Autumn Leaves」と聞くと一番に思い出すのがこのバージョン。最初の入りは脳内再生余裕。

オリジナルと違い完全なジャズアレンジ。繊細なタッチで見た目どおりの澄んだ演奏をしています。音が紡がれていく感じが素敵。枯葉を聞くならまずこのバージョンから聞いて欲しい曲です。

 Keith Jarrett

www.youtube.com

演奏者の感情も聞きたい方におすすめ

同じくピアニストからもう一人。キース・ジャレットです。アドリブでコンサート開いたりの人ですがスタンダードもやはり凄い。このピアニストも綺麗に音を出していくタイプだと思います。

展開も一つの流れに沿っているようで聞きやすい。初めて聞いた方は驚かれるかもしれませんが、「んん~」みたいなうめき声が入っています。実はキース本人の肉声も拾われてしまっているので、演奏中どのような心持ちなのか伝わってきます。慣れれば良い伴奏音です。慣れれば。

トランペット

Miles Davis

www.youtube.com

バーで飲みながら大人の世界を感じたい方へ

帝王です。渋すぎる…!この曲にコメントはいらない、感じるのだ、音を…

ギター

Stanley Jordan

www.youtube.com

目と耳で楽しみたい方向けのカバー

まず驚くのがギターを肩にぶら下げ、何故かその上ギターを正面に捉えるギタリスト。

一本で伴奏とメロディを弾き、ピアノのように演奏するギタリストです。見た感じキワモノ系ですが、普通にいいフレーズを連発してくるので好きです。全てタッピングで演奏しているので、パリッというピッキングの音はせずにレガートで聞こえて不思議な感じ。割りとノリノリになるカバーなので楽しく聞きましょう。

 

Randy Vincent, Julian Lage

www.youtube.com

シンプルな音で枯葉の良さを再確認出来る曲

次はギターデュオがメインの構成。楽器編成がシンプルなのもあり落ち着いた雰囲気。でもソロに入るとスリリングな展開になるので、たった二本のギターとドラムでここまで世界を作り上げるのか…という感想です。左側のギタリスト、ジュリアンのメロディの運び方はとても個性的で意外性のあるフレーズを弾くので、ギターを弾く方に特におすすめです。

 オンボーカル

Eric Clapton

www.youtube.com

ブルースも感じたい人へ

皆さん御存知クラプトン。ブルース好きなら生ける伝説的な立ち位置ですが、割りと他のアーティストの曲カバーしてること多いですよね。しかもそれが売れちゃう。このカバーも例に漏れず良い。大人な雰囲気全開のクラプトンです。ところところブルース色が出ているので、ブルース好きな方にもおすすめ。

小野リサ

www.youtube.com

おしゃれな午後のひとときを楽しみたい方へ

みんな大好き小野リサ。リサリサはボサノバの名手でありこのカバーも、なんかふんわりしてきます…なんというか…真っ白な服を着ながら延々と果物を優しい手つきで撫で続けたい…。ジーザス…

 

Coldcut

www.youtube.com

 悲しみと罪を背負い女に別れを告げたい時

スパイになった自分が、そこにはいた。

もともとメロディーに哀愁が漂っている曲ですが、それを極限まで悲哀な男とMIX、そしてマスタリングしたような曲。こういったハウス系、サンプラー系ミュージックも面白いですね。

おまけ

Coldcut

www.youtube.com

枯葉どころか世界が落ちてきそうなカバー

枯葉?葉っぱが落ちてくるってレベルじゃねーぞ!!な曲。

ホントに枯葉?ってぐらい壮大。スタッフロール用の枯葉です。先程紹介したcoldcutの別アレンジ。よくよく聞くとメロディーは確かに枯葉。ここまで行くと枯葉感がなく逆に潔い。

ちなみにcoldcuttはガキ使のOPの曲の人たちです。

Coldcut - Theme From Reportage - YouTube

 

おわり

質の高い曲は、また質の高いアーティストにカバーされる運命。同じジャズミュージシャンの世界でも、各々カバーした曲の雰囲気は違うしジャンルが変わればこんなアレンジするのか、と新しい発見もあったのではないでしょうか。世界共通で認められている曲の良いところは、それだけたくさんカバーされて様々な音楽好きの世界を見れることだなと思います。

 

他のスタンダードカバー↓

 

jarannudayo.hatenablog.com