読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギタカメとおんがく

音楽と写真の楽しさを置くサイト

コピペ作業で便利なフリーソフト紹介

 

ソフト紹介

 

コピペすると、コピーした文を上書きしたりで管理が大変。

コピペをメモできるソフトの紹介。

 コピペしてて、つい他の文字を上書きコピーしてうわああとなった人

はてなブログ たたかい」で検索していたところこちらの記事を発見しました。

「マイニチ日記」さん

※リンクNGでしたらお知らせください

www.mtomocha33.xyz

記事の見出し「コピペ女王完全にやらかす」にて

何故だかわかりますか?4番目のコピーの時私ったら何を血迷ったのかCtrl+CじゃなくてCtrl+Xしてた訳!!!

切り取っちゃってたのさ!!

何、切り取ってんのさ!!!

Wordの画面が雪原のごとく真っ白さ!!

気づかないまま別のコードコピーしたりしてたおかげで消えたさ!!!!

という一文がありました。

そうそう!コピペとか使いまくる作業してると操作ミスでデータ飛んじゃうんだよね!

あといろいろ調べ物してたりしてて、ああ!さっきの言葉なんだっけ!もうコピー上書きしたし、もっかい調べないといけない!ほんとエクセルのイルカってクソだわ!

私もそう思う事が多々ありました。しかし不満があるものには、それに対する解消するソフトがあるのがネットの凄いところです。

どうせなら紹介しときますね。

「Clibor」-コピペミスしないソフト

 見やすくてすぐ呼び出せてコピペの不安がなくなるソフト

forest.watch.impress.co.jp

何が出来るかというと、コピーした文字をソフトのメモ帳に一時的(定型も可)に収容、確認、そしてそのメモ帳リストから再びコピー出来るという優れたソフトなのです。

わざわざメモ用のアプリ、ページを開く必要がなく視認性にもすぐれており、操作も簡単という名ソフトです。

 使い方

上記サイトからDL→DLしたデータ解凍→フォルダにある<種類>アプリケーションを起動。

使えるようになるまではこれだけ。

ソフトを起動している間は、キーボードの「Ctrl」を二回押すだけでこのコピーメモ帳が出てきます。

f:id:jarannu:20170420071837j:plain

コピーした文がここに溜まっていくわけです。それはもう沢山溜まる。

コピーするたびに1の項目に新しいコピーワードが保存されていきます。

コピーした文を呼びたい時は、コピーメモ帳を呼び出してワードをクリックするだけ。

あとは「貼り付け」をすると選択した文を貼り付けます。

※貼り付けを選ぶ作業が面倒な場合は後述する 設定画面→基本動作→自動貼り付けを有効にするに をチェック。

最低限の設定

初期状態だと、PCの電源を切るたびにソフトを立ち上げたり、コピーメモ帳の表示件数が多すぎて使いにくいです。

とりあえずソフトを立ち上げた状態で、PC画面一番下のタスクバー(ブラウザ、フォルダ等が表示されてる欄)のタスクトレイ(△のやつ)をクリック。

そこに「Clibor」のアイコンがあるので右クリック、項目の設定を選びます。

f:id:jarannu:20170420071841j:plain

この画面が出てくるので、左下の「スタートアップへ登録」を押してPC電源とソフトが一緒に立ち上がるようになります。

(「スタートアップから削除」表示の場合はすでに設定が終わっているので押す必要なし。)

この画面左の「クリップボード」という項目を選ぶと「クリップボード履歴を保存する件数」のところで好みの表示数に変更できます。

定型文登録機能

とりあえずコピペしまくる人には心強いソフトです。

そして素晴らしい機能なのが定型文登録機能。

Clibor

呼び出すとクリップボードの横に定型文タブがあり、そこに良く使う文字を登録出来るのでメール等での定型文、公開する定型情報等を登録しておけばすぐに呼び出せて貼り付けられます。

上の画像を見るとわかりますが定型文のグループ分けが出来るので、色々な用途に使い分けできます。1.挨拶2.アドレス等3.連絡先 等。

グループの切り替えは「定型文」という文字自体を右クリック。

※定型文の追加は設定からか、上記画像「定型文」と書かれている下の部分を右クリック、新規登録です。

Clibor

ブロガーにもおすすめなフリーソフト

 「マイニチ日記」さんの話に戻りますが、ブログを書いている時ではなくCSS等の何か難しい文字打ちの時にもミスなく安心して編集できます。

例えばCSSの元データを保存するなら、コピーした元の文字を定型文登録。

Clibor

 6を選びます。

すると一時的なコピペではなく保存されるので必要な時にすぐ呼び出せます。

文字列を編集しながら作業する必要がなければ、わざわざワード等にメモせずともマウスで大体の操作が出来るため便利です。

 

他にも定型文でコード等を登録しておいて、呼び出すのも便利。

コード

 カーソル合わせると説明部分、省略された本文が表示されます。

おわり

かなり有名なソフトなので今更ですがこういった便利ソフトほど、どう検索すれば出て来るか分からない→便利ソフトがあるのに出会えない、となってしまいますよね。

「コピペしてて、つい他の文字を上書きコピーしてうわああとなる たすけて」

みたいな検索をする方や、まだ知らない方向けに紹介しました。

詳しい設定等は自分で調べてね!