音楽好きはチェック!音楽生活を豊かにする仮想通貨まとめ

f:id:jarannu:20171225082010j:plain

音楽好きな皆さんはコインを購入したりしていますか?ビットコイン以外にも様々なコイン(アルトコイン)があります。

殆どの人が資産運用目的で利用していると思いますが、調べてみるとコインによって目的や機能・技術が違っていて将来への期待を込めて投資するといった楽しみ方もあるのです。

多種多様の方向性があれば勿論音楽関連のコインも存在しており、縮小していると言われる音楽を盛り上げようと明るい未来を想像させる開発もあります。

ここでは音楽市場の発展・アーティストへの還元や保護、といった音楽に関係するおすすめの仮想通貨をまとめていきます。

仮想通貨取引口座をお持ちの方は目次から”はじめに”を飛ばして各コインの見出しへ飛んでください。(テレグラムやディスコードは活発に開発者も発言していたり、コミュニティの楽しさもあるので参加推奨)

 はじめに

予め伝えますがここで紹介するものは今後価値が高まったり暴騰したり利益が出、資産運用の投資としてオススメなのではなく、音楽業界を変えようとしたり盛り上げようとしたりといった夢がある仮想通貨を紹介していきます。

ですのでプロジェクトの進行によっては価値が下がってしまう可能性もある事を頭に入れつつ、開発者の方針に共感したり支援したくなったら購入という意識で余裕のある範囲での取引を推奨します。

仮想通貨購入までの流れ

初めての方もいると思うので軽く購入までの流れを記載。

基本的にですが音楽特化のコインは国内ではまだ取扱がありません。ですので必然的に海外での取引所を使用します。

仮想通貨

しかし海外取引所では円は使えないので国内取引所で、ビットコインかイーサリアムを購入し海外取引所に送金し購入します。※図参照

送金の仕方は取引所のコインそれぞれに受信アドレスが割り振られているので、そこに送金します。※要各取引所の説明確認

現状ビットコインの送料が高く、送金詰まりも発生しているようなので海外取引所使用前提ならイーサリアムもいいかもしれません。

 取引所の口座開設

 何をするにも国内での口座開設(会員登録)をしなければ始まらないので、少しでも興味がある人はまずは国内取引所に登録しておきましょう。

ちなみに口座開設からの本人確認まで3日~1週間、遅くて一ヶ月以上かかります。本人確認のはがきを受け取らないと送金等の機能に制限がかかるので、混雑している時にすぐ始めたくなってもかなり待たないといけません。

とりあえず取引所によって扱っているコインや手数料が違うため有名所は全て登録推奨。

 主要取引所リンク↓

=国内取引所=

bitFlyer

取引画面が見やすく、本人確認もはやく手早く取引開始したい人向け。コインの取引手数料(コイン購入・売却時)がわりと高い。

開設は1~3日以内。本人確認書は1週間ほど。相場が急変動している時はサーバーが落ちることも。通貨の種類少なめだがモナコインあり。

coincheck

bitFlyer同様手早く開設から確認までできる。手数料は高め。アルトコイン多めで10種類超えのコインを取引できる。

Zaif

国内取引所ではかなりの安く取引できる。板での取引可能で、指値で購入出来るため安価な取引ができる。

かなり申し込みが混雑しており、申込みから1ヶ月経っても確認書が来なかったりするので今すぐ始めたい人には不向きかも。サーバーは弱い。

=海外取引所=

主要を二つのみ紹介。

他の取引所は数が多いのでコインの項目で適宜紹介。

Binance

扱っているコインが多く、取引手数料が独自通貨(BNB)を使うことにより激安に。海外サイトに珍しく日本語化も対応なので気軽に取引が出来る。

本人確認書類を提出しなくても、1日2BTC(ビットコイン)までの引き出しという制限しかないので登録も簡単。

Bittrex

海外取引所で一番使われている?マイナーコインも多く海外取引所使いは皆使っているイメージ。

 

~以下コイン紹介~

MUSICOIN (MUSIC) アーティストに直接収入を

f:id:jarannu:20171225165744j:plain

リンク

HP:https://musicoin.org/

Twitter:Musicoin Project (@musicoins)

Telegram:Telegram: Join Group Chat

Discord:https://discord.gg/ZGU8mxN

・ホワイトペーパー

Musicoin White Paper: (v 0.9)

・特徴 

目標として近年問題視されているストリーミング・権利団体の高い中抜き、無料で楽曲を聞けてしまう等の現状による、アーティスト・ミュージシャン側に満足な利益が行き渡っておらず音楽業界が縮小している現実を真摯に受け止め、クリエイター側の利益・権利を保証し音楽全体を立て直していこうというものです。

今では発信者側から受け手まで仲介役が存在しており、収益が分散され金銭的に夢のないものとなっていましたが、それをダイレクトに繋げ収益を直接渡せるのが素敵なところ。

細かな所は下記ロードマップに記載してありますが、ブロックチェーン、スマートコントラクトといった新たな技術を使い、どのようにDLされたかの詳細(ライセンス)を刻み込むので権利も保障されるということです。

今は楽曲再生にコインを用いるようですが、ロードマップを見ると今後は再生にコインを使うことなく、全て無料でサービスを利用できるようにするとのことです。

楽曲をフルで聞けるので純粋に気に入った曲を作ったアーティストに投げ銭、また収益を受け取って貰うことが出来ます。

投げ銭自体はSoundCloud等で導入の話が出ていましたが、投げ銭だけでなくベーシックインカム制度を取り入れるとロードマップに記載されていました。面白い。

個人的に感心したのはアーティスト側は利益の分配を予め決めることが出来ること。↓

f:id:jarannu:20171225173737p:plain

これで喧嘩が防げる!と思いましたがそもそもこの分配で揉めそうですね。

※ロードマップ(計画)を翻訳されているサイトが合ったので詳しく知りたい方はこちら↓

Musicoin(MUSIC)のロードマップがリリースされました。 | ビットコイン投資で不労所得生活

・まとめ

※詳しく分かりやすいレビューを掲載しているブログがあったので紹介させて頂きます↓

【Musicoinで遊ぶ】音楽を仮想通貨で革命する! - 快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

iTunesも楽曲の販売を撤退しストリーミング専門にシフトするという情報もあるので、そういったサービスと提携するのか、独自のコミュニティサービスとして発展していくのか楽しみです。

ただ日本では悪名高い某著作権保護団体の存在があるので普及するかは難しいところですが、個人として生きていくアーティストや今までスポットがあたらなかったような音楽が溢れていくのに期待します。

このコインを取り扱っている取引所

Bittrex ・Cryptopia

AudioCoin (ADC)

f:id:jarannu:20180119114354j:plain

・リンク

HP:https://www.audiocoin.eu/

Twitter:Audiocoin (ADC)

Discord:https://discord.gg/nenU6uN

・ホワイトペーパー(日本語)

https://www.audiocoin.eu/?p=65555

ADC利用サイト:https://www.aurovine.com/

・特徴

MUSICOINはアーティストや業界の回復・循環に焦点を当てたものですが、こちらのコインはリスナー側も巻き込んで展開していく動きを目指しています。

コンセプト的にはMUSICOINと似ておりクリエイター側・利用しているリスナー側双方に利益が出るようなコインです。

実際に「aurovine」(上記リンク)というADCを用いる音楽配信サービスが開始しており、音源も徐々に集まり成長中。この「aurovine」で楽曲をストリーミング再生すると再生されたアーティスト側は勿論、再生したユーザー側にもADCが支払われます。

f:id:jarannu:20180121120434j:plain

※UIはなんとも言えない…

特にこのコインが面白いのはTwitterのようなSNSで拡散するとアーティスト・リスナー側の両方にコインが発生することです。

投機的な位置づけでなくじわじわと伸ばしていく方針も、プロジェクトに対する思いが伝わってくるような気もしますね。

そしてADCは2017年11月に歌手ビョークが仮想通貨支払いオンリーアルバムの、支払いコインの一つに取り上げた事もあり期待。(割りと盛り上がってました)

f:id:jarannu:20180121112904j:plain

詳細リンク↓

Bjork’s Latest Album Available With Bitcoin, Other Cry..

・まとめ

ビョークのような大御所が積極的に仮想通貨を音楽業界に取り入れる動きを見せたのはびっくりです。

ただ便利にするだけでなく使っている側も明確なメリットがあると興味がそそられますね。

注意点として2018年1月現在「aurovine」でのADCオンラインウォレットは機能していないのでまだ完全稼働とは言えません。もうすぐ同期が完了する予定だそうなので、Twitterやディスコードで情報を見ておきましょう。

(ちなみに最近ディスコードでADCプレゼントキャンペーンがあり、抽選で10000ADCが配布されていました。コミュニティも穏やかで楽しいです)

このコインを取り扱っている販売所

Cryptopia(取引量的にここ一択)

Blocktix (TIX) イベントチケット特化

f:id:jarannu:20171225175625j:plain

リンク

HP:https://blocktix.io/

Twitter:Blocktix (@blocktix) 

Telegram:Telegram: Contact @blocktix

PR動画:

Blocktix.io - Ticketing Platform on the Blockchain

・ホワイトペーパー

https://blocktix.io/public/doc/blocktix-wp-draft.pdf

・特徴

イベントホスト向けのプロダクトです。

開催する上でい準備、金銭面など色々大変なイベント・ライブ。そのライブ・イベントに必要不可欠なチケットの存在を安定化、簡略化させていこうというプロジェクトです

チケットのトラブルはTwitterや様々な媒体で見ますが、ダフ屋、転売、紛失、偽造あたりのごたごたが多いはず。それをブロックチェーン技術と共に完全に電子化し、偽造や紛失は勿論チケットへの信頼が増すことでしょう。

MUSICOIN同様仲介するような存在がいないので、大幅な費用削減も可能としています。イベントの企画自体もサービスの中で出来るようで、これ一つで開催登録購入など一本化でき管理もしやすいし費用も抑えられるはでいいことづくしです。

宣伝もこちらのサービスから出来るので小規模イベントや、大々的に開催しないけど人は欲しい使い方にも有効。

小さい箱を借りてライブする時チケットを手売りする必要もなくなり、アプリでサクサクっと周囲に伝えられたり購入できるのは未来的。

この画像を見てください。

f:id:jarannu:20171225181550j:plain

シンプルすぎるシンプル取引ですね。

加えてチケット所有権の移動・譲渡も可能なようなので、適正価格で取引する制限があれば(他のサービスと併用されればダメですが)高額転売屋もすこしずつ減っていくかも…。

・まとめ

音楽ライブだけでなく様々な集客目的のイベントにも活用できるので、今後の発展に期待できます。

個人でライブ・イベントも開きやすくなりますし、広告の打ち方もいろいろ工夫できるのではないでしょうか。大小関わらずイベント事業の活性化に役立つはず。

利用者もアプリからと使いやすく、ホスト側もコスト削減できるWin-Winの仮想通貨だと思います。

このコインを取り扱っている販売所

BittrexCryptopia

Viberate (VIB) ライブ特化

f:id:jarannu:20171226192954j:plain

リンク

HP:https://www.viberate.com/

Twitter:Viberate (@Viberate_com) 

Telegram:Telegram: Join Group Chat

PR動画:

Viberate.com / Token Crowdsale / Explainer video

・ホワイトペーパー(?) 

https://www.viberate.io/

・ 特徴

こちらもチケットに関するものですが、音楽ライブ・イベントに特化したサービスとなっています。前述したBlocktixはイベントホストをメインとして捉えていましたが、こちらはリスナー側がとっても楽しめるプロダクトです。

簡単に言うと個人が情報を追加していくキュレーションサイトのような音楽ライブ情報サイトとして盛り上がっています。

有名アーティストは勿論ですが様々なアーティスト情報が更新されていき、オンラインプラットフォームの人気によってランキングされていたりと見ていて楽しいのです。

そしてライブ情報を見て参加したいものがあれば、そのままVIB通貨を使って購入可能。勿論ほかの仮想通貨同様ブロックチェーン技術なので信頼性もあるとしています。

更にユーザーが情報を追加し、コミュニティを盛り上げていくと見返り報酬としてVIBを手にする事が出来ます

f:id:jarannu:20171226202641j:plain

このVIBでチケットの購入やサイト内でのサービス利用に使えるので、それにより各々の働きが利益として音楽業界全体を循環していく、という将来設計を描いているようです。

HPを見るとわかりますが既にかなりの数のアーティスト、ライブハウスの情報が追加されています。

勿論日本のライブハウスも沢山掲載

f:id:jarannu:20171226203954j:plain

・まとめ

正直ライブ会場によってチケットショップが違ったりで、複数会員登録するのが手間な私としてはこういったサービスが世界に普及していって欲しいと思います。

今後音楽ライブのメジャー通貨として使われていく事を開発者も目指しているようなので、どんどん利用者を増やして便利かつ無駄なコストや仕組みを省いた音楽業界への一歩として注目していきたい仮想通貨です。

このコインを取り扱っている取引所

BinanceBittrexHitbtc

 

 

※おまけ Ethereum(ETH)

イーサリアム

リンク

HP:https://www.ethereum.org

Twitter:

https://twitter.com/ethereumproject

・ホワイトペーパー

White Paper · ethereum

・特徴

なぜ音楽系にイーサリアムが?と感じてる方もいらっしゃるでしょう。イーサリアム自体が音楽サービス向上を目的としているわけではないですが、紹介した音楽系のコインはイーサリアムの技術が使われています。

イーサリアムという仮想通貨はいろいろな事に使われていきますがそのなかで「Ujo music」というプロダクトが音楽サービスで予定されています。

普及率(信頼性)が高くなりそうなイーサリアム。支払いをETHで行い中間搾取なくアーティストに直接利益を送るというシステムはMUCICON等他の仮想通貨と同じです。

※分かりやすくまとめている方がいたのでそちらを参照ください↓

仮想通貨イーサリアムを活用した新しい音楽サービスについて

他の音楽系仮想通貨に匹敵する面白さがある、というわけでは無いですがイーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨界のエース的な扱いなので、安定して広まっていきそうなコインとして紹介しておきました。

・まとめ

仮想通貨の使い方の考え方としてスタンダードなものですが、大手ストリーミングサービスに採用されやすいコインではないでしょうか。有名なストリーミングサービス「Spotify」も仮想通貨をサービスに組み込んでいく表明をしている現状を見るに、ブロックチェーン技術は間違いなく音楽業界に定着するものと思われます。

・このコインを取り扱っている取引所

coincheckbitFlyerBinance

おわり

仮想通貨はちょっと手が出しにくい…な人も興味のある分野でなら、新しいことをしようとしている瞬間やそれを援助したりする側になると直接関わっている気がして楽しいものです。

勿論ほかにも音楽に関係するコインは沢山ありますが構想段階のものや本当に動いているか分からないものがあるので、今後様子を見て随時追加していきたいと思います。

将来Twitter等での動画に連携、ストリート動画が拡散されると演奏者に収入が入ったりすると、広告+収入といろいろ夢を見れますね。

是非興味のあるコインに投資してみてください。

中間業者が淘汰されるかもしれませんが。